FPSゲームで有利になれるパソコンガイド

ゲーミングPCでノート型は地雷

ゲーミングPCでノート型モデルを選ぶ人も増えてきている。しかし、FPSゲームにおいて絶対にノートPCはやめるべきだ。今からその理由を紹介していく。

まず始めにコストパフォーマンスと性能が悪い。
どこかのBTOメーカーで良いのでデスクトップ、ノート型と見比べてみて欲しい。ベンチマークもデスクトップより低く、値段は高いといったケースが目立つはずだ。

ノート型はその小さいボディからデスクトップに搭載するグラフィックボードを積むことが非常に難しい。そのためモバイル版のグラフィックカードを搭載している。あくまでモバイル用なのでデスクトップとは性能差がまるで変わるのだ。

そして価格である。
例えば20万円でノート型PCを買う予定ならデスクトップの20万円のゲームPCを見て欲しい。圧倒的な性能差が生まれている。しかもデスクトップ型はケース内部が広いため拡張性、冷却性がノート型の比ではない。

この2つの理由だけでも十分、ノート型のデメリットは理解できると思う。そしてFPSゲームをやる上で重要となってくるのがディスプレイ、キーボードだ。ノート型だと一体になっている。つまり自分好みのディスプレイ、キーボードが使えないのはプレイでも大きな差となってくる。

もしディスプレイが144Hz対応でなければいくら頑張って良いノートゲームPCを買っても視覚的には60fpsになってしまう。デスクトップならディスプレイは選び放題。144Hz対応型を選べばヌルヌルとした快適プレイが可能だ。

続いてキーボード。
もし自分のピッチに合わないキーボードであればプレイが苦痛になる。するとどうだろう…ゲームが非常につまらなくなるのだ。

他にもまだノート型のデメリットは存在する。簡単に解説していく。

冷却性が悪い

ゲームPCはCPU、GPUが高い温度になる。そのため内部スペースをある程度、確保しないと熱がこもり、やがて熱暴走を起こしてしまう。ノート型はまったく内部スペースがないので非常に熱処理が悪いPCなのだ。

短時間なら良いが長時間、負荷の高いゲームをプレイするならPCの寿命はかなり短くなると思って良い。

拡張性がまるでない

中身は目一杯のパーツが詰め込まれている。後から何か増設したいと思ってもノート型ではスペースがなく無理。またデスクトップ型とくらべても分解が複雑になっている。

そしてゲームは常に進化して高性能グラフィックボードを求めてくる。デスクトップなら内部が広く交換も容易にできるがノート型ではそれができない。

技術進化とともにグラフィックボードは年々、性能を上げてきている。それに追いつくにはノート型だと買い替えしか選択の余地がないのだ。

もう、おわかりだろう。
ゲームPCを選ぶ上でノート型は絶対に選んではいけない。もし上記のデメリットを全て飲み込めるのであれば無理に買うなとは言わないが…

トップへ戻る

勝てるゲームPC選びマニュアル

面白PCゲームの話

Copyright © FPSゲームで有利になれるパソコンガイド All rights reserved